masakiishizaki.com
 
イベントのお知らせ

【ガカカレー】
2014.10.19(日)
@北堀江club vijon


【live painting】アートパレード
2014.10.30(木)
@花園町can tutku


【グループ展】抽象画17人展
2014.11.1(土)〜11.7(金)
@横浜AAA Gallery


【展示】
石崎万咲×鶴原谷量 2人展 2014.11.22(土)〜11.23(日)
@扇町para-dice






MAN

Lithium
facebook


扇町para-dice
http://para-dice.net/
para-dice
ホール壁画をライブペイントで描かせていただきました。
http://anyer.exblog.jp/








ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
                     
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
愛猫をウサギに見立てたいがどうしてもタヌキにしか見えない。
あけましておはこんばんちわ。猫のヒトです。
タイトルはテキトーです。



我が家のいかしたファンキーキャット・りちうむさんの寝正月っぷりがすごい。
いや、正月に限らんか、ヤツは。
ヒトが正月休みだからといって甘えまくり。
ホットカーペットをつけておかないと何度もひざの上に飛び乗ってきますのよ。
そんでネックウォーマーを共有したりしてます。

IMG_0073.jpg



年が明けて早くも1/5だなんて信じられないっすね。
21.1世紀の幕開けを如何お過ごしでしょうか?

ボクは年末からほとんど家を出ていませんが、
一昨夜はおーたくんとライアンさんで打合せという名の新年会を。
1/20のイベントのフライヤーが出来ましたよ。

IMG_6807.jpg




さて、ボクのしょうもない日常をつづってもしょうがないので
今日はアニメの動画を貼っておこう。朝の4時から何をやってるんだか。
30年前のエストニアのアニメ映画「ビッグ・ティル」。
15分に満たない内容ですがトラウマになるヒト続出です。
昨年同僚に薦めてもらい軽い衝撃を受けました。
もじょさんこんなん好きやない?


■ビッグ・ティル (Suur Toll)   ↓説明文をニコ動から転載。

エストニアに伝わる不屈の勇士"ビッグ・ティル"の伝説をモチーフにしたレイン・ラーマット監督作品。(1980年)1981年ワルナ国際アニメ 映画祭第1賞、全ソ映画祭第1賞。1982年オタワ国際アニメ映画祭第2賞。「怖い」「不気味」「凄惨」「血生臭い」が満載でドン引きするかと思いきや、 何故か最後まで引き込まれてしまうという自分が今まで見てきたアニメの中で最も強烈な印象を与えられた作品です。(見る人によっては不快感しか感じられな いかもしれません。)





ちなみに昨夜はウサギ年にちなんで(?)
「ドニーダーコ」をひさしぶりに観ました。いい映画。

IMG_3658.jpg
| movie | 04:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Солярис
IMG_6807.jpg

昼過ぎまで制作に励んで、夜から久しぶりに
シネ・ヌーヴォのレイトショーに出かけました。


大好きなタルコフスキー監督の「惑星ソラリス」
はじめてビデオで観たのは8年前?かな。
38年前に作られた旧ソ連のSF映画です。

念願のスクリーンでの鑑賞。
タルコフスキー作品の劇場鑑賞はある意味夢でしたw


哲学的SF映画って言うんでしょうか。
「ブレードランナー」や「2001年宇宙の旅」(どっちも大好き)
にも通じるものがあるんじゃないかと思います。
人間とはなんや?というものを考えさせられます。
http://www.imageforum.co.jp/tarkovsky/wksslr.html



今月28日までシネ・ヌーヴォにて日替わりで
タルコフスキー作品特集を上映しているそうです。
「ノスタルジア」「鏡」もスクリーンで観たいなぁと思いますが、
果たして今月何回足を運べるのやら。。
カネフスキー監督作品も観てみたい☆

詳細はコチラ。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/tarkovsky/tarko_sakuhin.html

IMG_6807.jpg




月曜は谷9のワンドロップでお友達の あさじ
仲良しのdracaena・アキト君がライブだったので会いに行ってきました。

対バン(弾き語りでも「対バン」っていうのか?w)の野田奈津実さんもすばらしくて
あとでHPみたらアートワークもステキでした。お話しとけばよかったな。



アキト君とは同い年・同じ月生まれなんだぜ。
| movie | 03:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リミッツ・オブ・コントロール
土曜日は大好きな映画監督のひとり、
ジム・ジャームッシュの4年ぶり最新作、
「リミッツ・オブ・コントロール」の公開初日。
観に行ってきました、シネリーブル。

仕事と仕事の合間に行けました、たまたま。w





イザック・ド・バンコレ。ホントいい役者さんです。
主役なのに全然しゃべらない、表情を変えない、
寝たかと思ったら起きて太極拳はじめてる。w
エスプレッソは必ず2杯同時に注文する。ww
それでもこの役は彼以外考えられない気がします。
ちなみに喋りすぎてるバンコレを見るなら「ゴーストドッグ」がヨイです。w


それからなんと言ってもクリストファー・ドイルの映像が神懸ってました。
息のみっぱなし。こういうのを秀逸って言うんでしょうか。
なぜにこんな計算し尽された映像が撮れるのか。
最近の作品だとガス・ヴァン・サントの「パラノイド・パーク」の映像もよかった。

ちなみにジャームッシュ&ドイルのコンビは
The Raconteurs(ホワイトストライプスのジャックの別バンド)のPVも撮ってます。



ジョン・ハートもティルダ・スウィントンも超がつくほどいかしてました。
それぞれが圧倒的な個性を放っていて、ほんとキャスティングがナイス。
まさにジャームッシュの人脈大勝利。

あとジャームッシュ映画では新顔となるガエル・ガルシア・ベルナル君が
ショコラのときのジョニー・デップを彷彿とさせるルックスでカッコよすでした。



面白いのかどうかって言われたら、面白くはナイ映画です。
わからんヒトにはさっぱりわからんだろうし、
退屈で終始居眠りのヒトもいるんじゃないだろうか。

実際各メディアの評価もそんなカンジ、らしぃです。



でもあのラストの空港のくだりはサイコーだ。正直シビれた。
これだからジャームッシュはたまらんのだ。

あの一瞬のわずかなジャームッシュの魔法に触れたいがために
きっと足を運ぶヒトがいるんやろうな。ボクみたいに。
ジャームッシュってそういう監督な気がする。

きっとそれはひと口のエスプレッソを味わうのと同じ感覚かもしれない。





そういえば先日T●U●AYA某店に行ったら棚のレイアウトが変わってて
ヨーロッパ映画のコーナーが崩されててなんだかガッカリなことになってました。
タルコフスキーもキェシロフスキも監督別で並べてあったのに
「その他コーナー」に50音順でつまんなく置かれてました。とってもガッカリ。

それで中古落ちのVHSがいっぱいSALEに出されてたので
ドグマ95の「ミフネ」と、「ベルリン・天使の詩」をゲット。

ちなみに「ベルリン・天使の詩」はこれでビデオ4本になりました(笑)
どんだけ好きなんだよ。w
これはきっと、こんな安値で誰かに買われたくないという
ボクの本能が買わせたんだきっと。笑


| movie | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キアロスタミ
先日 中崎町のちっちゃな映画館「プラネット+1」に
大好きな映画監督の一人、アッバス・キアロスタミ監督の作品「トラベラー」を観てきました。


Image14601.jpg


この映画は30年以上昔のイラン映画なんですけど
ちょうど今月、この映画館でキアロスタミ監督作品の特集をやってるらしく
何本か上映しているうち、たまたま都合のいい日と時間を選んで 足を運んでみたら
上映しているのが「トラベラー」だったというわけです。

キアロスタミ監督の映画はけっこう観てて「トラベラー」は5年ぶり?
くらいかな。久しぶりに観ました。



キアロスタミ監督の映画の題材って びっくりするくらいシンプルなんです。
サッカー好きの落ちこぼれ少年が、なんとしても街にサッカーの試合を観に行きたいねん。
って ただそれだけのお話なんですが、チケット代とバス代のお金が全然足りなくて
家族にも先生にも学校のみんなにも ウソをつきまくってお金をかき集めるんです。

そのウソがまたバレバレで、その向こう見ずな無茶苦茶ぶりに
「おいおい、いいのかよw」ってツッコミいれながら見守るわけですが
この少年はただサッカーの試合が観に行きたいだけで
その執念がすごいんです、執念だけは。
アタマん中がその試合のことでいっぱいで まわりも先のことも 全然見えてないんですね。

こういう少年はどこの時代のどの国にもフツーにいて
ボクもちっちゃい頃はそういうタイプでした。超B型っつーか。
結局 利口なことは何ひとつしないまま 突き進むわけで
最後にはイタイ目にあうんですけど、「にっぽん昔ばなし」とか小学生のときに読んだ本って
こういう展開のお話 けっこうありましたよね。
だから なんかそういう懐かしさがありました。子供って純粋だなーとか。


そういうありふれたものを ごくフツーに撮った映画って好きです。
特別な能力をもったキャラもいなければ、ヒトが大量に死んでいくこともない。
人間がひとりふたり出てきて なにげない日常の会話が面白い。そういう映画。



同時上映の10分くらいの短編作品が初見だったんですが
これがまた とっても面白かったです。

子供が路地を歩いて家に帰っている。
犬が怖くて通れない。さてどうする?
ってだけのコントみたいな作品でした。

youtubeにあがってたんで貼っておこう。オモロイですよ。




ちなみにボクはキアロスタミ監督作品では
「桜桃の味」という映画がイチバンのお気に入りなんですが
今回の特集では上映予定は無かったようです。また観たいな。


Image14631.jpg


| movie | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |